Kanesaka

Posts by Kanesaka for Blog:

Jul

28

2018

台風12号へのフロアオークション対応措置について

今回想定外の台風の発生、進路予想により予定通りの開催が困難と判断した場合の対応を検討しました。以下の通りです。

29日午前10時の段階で関西一円の公共交通機関の過半数が運航停止の場合、会員の移動手段やスタッフの確保が著しく困難となる為、フロアオークションは中止、そのまま7/31AM11:00締切のメールオークションに変更します

その場合、通常通り28日夕刻フロアオークションのスタート値一覧をホームページにアップ致しますが、事前に入札を提出の方も含め再入札を受け付けます。(事前の入札は消えません

会員の全てがスタート値一覧を見てフロアオークションに参加する可能性があったものとしてフリービットを受け付ける臨時対応措置です。

従来通りメール、FAX、店頭等で受け付けますが、他者の入札状況はお答えできません。

7/31AM11:00締切後、通常通り自動調整を行った上で落札結果発表します。発送、受け取り等のご変更がございましたらお知らせ下さい。

事前に宿泊の予約等準備頂いた方には申し訳ございませんがご了承お願い申し上げます。

尚、29日当日の対応状況については金坂の携帯(080-3800-2569)までお問合せ下さい。

宜しくお願い申し上げます。ー

7月28日
日本フィラテリックセンター 金坂忠彦

 



Jul

24

2018

今週末はいよいよ73回フロアオークションです

この度の大阪北部地震、西日本を中心とした豪雨により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

夏暑いのは当たり前とは言え、この連日の猛暑は幼児のみならず中高年の体力を著しく奪うことになり、対策には十分に注意を払いたいものです。

さて、私が日本フィラテリックセンターを継承して今回(7月29日)が4回目のフロアオークションになります。
毎回収集家の注目を集めるような稀品の出品を目指してはおりますがなかなか実現は難しいものです。

その中で今回私のイチオシはLotNo.1533の竜500文貼カバーです。
世が世ならと思うのは私だけかもしれませんが、500文での初期印刷と言われる緑色1枚貼の逸品です。

これは小島勇之助氏所蔵とされていますが、過去の文献記録には見当たらず(私が知らないだけかもしれませんが)未発表のカバーかもしれません。

昔、なんちゃって手彫切手コレクターだった頃、500文の色調変化に魅せられてリーフに並べたことがあり、単片でも最初期と言われる黄緑は割に見つけられるのですが、純緑と判別できるものは単片でも難しく、そのカバーとなると(勿論500文貼そのものが少ない)名鑑品位しか思い浮かびません。

今の今このカバーをコレクションに加えたいと思われるコレクターが何人おられるか鯛氏の如く誰と誰と…などと思い浮かべることはできませんが、フロア当日是非注目したいと思います。

尚、フロア当日短時間ですがNHKの取材と撮影が会場に入ります。オークションの運営に変更はございません。特定の個人にフォーカスして撮影することはありませんが、会場風景に映り込む可能性があることはご承知下さいませ。

よろしく御願い申し上げます。

■■■7/27追記 当日のNHK取材はなくなりました。■■■

 

↓73回フロア出品物 LotNo.1533
20180724104510 0001

 

↓2001年国際切手展より(こちらは出品物ではありません)
20180724104614 0002